今知りたい!旬な食事の栄養コラム♪

知っておきたいアスリートの貧血

ひじき 健康管理

外食、中食時にできる貧血対策

貧血

貧血の方や周囲に貧血の方がいる人は、家で食事を摂るうえで貧血を改善させるために頑張っていることと思います。でもたまには外食や中食をすることもあるでしょう。今回はそんなときでもできる貧血対策を紹介します。

外食時にできる貧血対策

糖質

外食といえば、ファーストフードやファミリーレストランなど様々なジャンルがありますね。例えば簡単に済ませがちな昼食はハンバーガーだけやラーメンだけの食事になることが多いでしょう。その場合、糖質や脂質が多い食事となってしまってしまいます。そして、野菜の摂取が無いとビタミン類や鉄分の量が不足してしまいます。1日に必要とされている栄養素をしっかりと補給するために、外食時でもバランスの良い食事(主食・主菜・副菜のそろった食事)を意識することが大切になります。
そのため外食時には、一品料理を頼みがちですがセットメニューや定食メニューのようなものを注文することでバランスを整えると良いでしょう。しかし、せっかくの外食ですから、自分の好きなものを自由に楽しみたいですよね。その場合は、自分の食べたい料理(一品や単品のメニュー)に加えてサラダを注文するなどの工夫をして野菜の摂取量を増やしましょう。
外食時には、一つの料理のみを食べるのではなく、野菜も注文し定食のように様々なものを組み合わせて食べることを心がけましょう。

中食時にできる貧血対策

ゆで卵

まず、中食(なかしょく)とは、コンビニやスーパーでお惣菜やお弁当などを買って自宅で食べることです。外食店のデリバリーを利用して自宅で食べるのも中食といえます。皆さんも調理や加工された食品や料理を家で食べることがあるのではないでしょうか。そのような場合の貧血対策を紹介します。まず、貧血対策には、鉄、たんぱく質、ビタミンE、ビタミンB6、ビタミンB12 、ビタミンCの栄養素をとるべきとされています。そのため、これらの栄養素が入っている食材を食べるのがおすすめです。例えばコンビニで食品を購入する時には、おにぎりやパンに飲み物、から揚げ、肉まんなどを買うことが多いと思います。そのような場合にコンビニで購入でき、貧血対策にもなる食品を2つ紹介します。1つ目はひじきの煮物です。ひじきには鉄が含まれており、さらにカルシウムや食物繊維も豊富なので不足しがちな栄養素を補うことができます。2つ目はゆで卵です。卵にはビタミンC以外のビタミンを豊富に含んでいます。そして貧血予防だけでなくバランスの良い食事を摂るのにもオススメです。
コンビニでも外食のときと同じように、野菜等様々なビタミン類や鉄分を意識的に摂るように心がけましょう。そのために、例に挙げた食品のような総菜や野菜を使った副菜を選ぶといった工夫が大切です。

Comments