今知りたい!旬な食事の栄養コラム♪

運動時でも手軽にコンビニで栄養摂取②

水分補給 健康管理

運動時の水分補給

水分補給

運動中に水分補給がされないままでいると、体の熱を放出できなくなり体温が上昇します。汗をかいて体温を下げるため、水分が皮膚の静脈にたまり、心臓に回る血液が低下していきます。やがて、心臓が運び出す血液の量が少なくなり、筋肉で発生した熱を運べなくなり、さらに体温が上昇するという悪循環に陥ってしまいます。そのため、水分補給は運動をする時点でとても重要です。運動時の水分補給が足りているかどうかは体重の減少率でみることができます。体重減少が2%以内であれば、水分補給がきちんとできている証拠です!

例えば、体重60kgの人は・・・

水分補給の目安

これ以上減っていると、水分補給が十分にできていないということになります。特に汗をたくさんかく時期は練習前後で体重を測ってみましょう!
また、汗をかくと、水分と同時に塩分も発散されるため、水分補給をするときに塩分の摂取も大切です。水分のみ大量に摂取すると低ナトリウム血症を起こし、けいれんや意識障害を引き起こしてしまう場合があります。そのため、日本スポーツ協会では100㎖当たり40~80㎎の塩分を含むものを推奨しています。さらに、1時間以上の運動をする場合には4~8%程度の糖質を含むものが良いです。

例えば・・・

栄養成分表示

スポーツドリンクを選ぶ際の参考にしてみてください。
コンビニで買える飲料水としては水やお茶ではなく、塩分や糖質も補給できるスポーツドリンクを選ぶと良いでしょう。
スポーツドリンクを利用する際の注意点としては、「薄めた方が飲みやすい」からという理由で水で薄めている方もいるかと思いますが、熱中症対策の観点からは薄めない方が良いです。

次回は「運動後に買うのにおすすめの食べ物」についてです♪

Comments